製品
ホーム > 製品 > ERDAS TITAN クライアント

ERDAS TITAN クライアント


データ共有が可能なジオスペーシャル3D ビューア
ERDAS TITANクライアントは、フリーで、ダウンロード可能な3Dビジュアリゼーションクライアントであり、ジオスペーシャルインスタントメッセンジャー(GeoIM:Geospatial Instant Messenger)と、ERDAS TITAN ビューアから構成されます。
ERDAS TITANビューアは様々なエンタープライズアプリケーションに対応し、共有可能なデータ、マッシュアップの作成が可能です。 GeoIMは、権限(パーミッションベース)によるデスクトップデータの配信、利用を可能とします。

共有可能なデータとコンテンツのマッシュアップ
ERDAS APOLLO Advantage(Collaboration モジュール)と連携し、権限を設定してデスクトップにあるローカルデータを公開することができます。3Dで、共有可能なデータを作成し、コンテンツをマッシュアップすることができるのです。

サーバサイドのジオスペーシャル プロセッシング(Geospatial Process)
ERDAS TITANビューアから、ERDAS APOLLO のカタログにWeb経由で接続して、データを検索し、ジオスペーシャルプロセッシングを実行し、さらにその結果を3Dで閲覧できます。

デスクトップにあるデータを公開し、様々なアプリケーションから閲覧
ERDAS TITANは閲覧のみのフォーマットへ”On the fly”に変換できます。こうして変換したデータは、TITANビューア、Google Earth、Bing Maps、 ERDAS IMAGINE、ArcMapを含む、様々なジオスペーシャルアプリケーションで活用することができます。


ホーム ニュース 製品情報 サポート

Copyright 2016 by 日本インターグラフ株式会社 | 個人情報保護方針