アドオンモジュール

ERDAS IMAGINEは、Essentials, Advantage, Professionalといったコアモジュールだけではなく、アドオンモジュールを追加することで機能拡張が可能です。多彩なアドオンモジュールをご用意しておりますので、様々なニーズにお応えすることが可能です。

ERDAS IMAGINE 2015 アドオンモジュール ERDAS IMAGINE 2014 アドオンモジュール
ERDAS IMAGINE 2011 アドオンモジュール

ERDAS IMAGINEの各アドオンモジュールの主な機能

IMAGINE Expansion Pack
リアルな3D表示、NITF形式のサポート、レーダー画像からのDEM作成、ステレオ実体視を行いながらのフィーチャーデータ作成、ウィザードベースの変化検出機能、および、画像の自動位置合わせなど、高度な機能をIMAGINEに追加するアドオンモジュールです。本モジュールには以下の7種類の機能が含まれます。

画像の幾何補正と位置合わせ(旧IMAGINE AutoSync)
  • 2つ以上の画像の位置あわせを実施。異なるタイプ(例:異なるセンサー、または、異なる解像度のデータ)でも可能。

3D可視化(旧IMAGINE VirtualGIS)
  • IMAGINE で3次元可視化を行うアドオンモジュールです。画像や GIS データを3次元空間でリアルに表現

2時期画像からの変化抽出(旧IMAGINE DeltaCue)
  • 異なる時間に取得した、同じ地域の2つの画像の違いを検出

NITF 2.0, NITF 2.1, NSIF 1.0ファイルの入出力(旧NITF for IMAGINE)
  • IMAGINE で NITF 2.1、2.0、NSIF (NATO Secondary Image Format) 1.0 形式のデータのインポート、エクスポート等の機能を利用

ステレオ実体視下での3次元フィーチャー作成(Stereo Analyst for IMAGINE)
  • ステレオ実体視を行いながら、精確な3次元ベクターデータを図化

SARステレオペア画像からDEMを作成 (旧IMAGINE StereoSAR DEM)
  • 異なる入射角で取得されたSAR画像から、厳密な軌道モデルを構築し、通常の光学画像で長年培われてきたステレオマッチング技術を用いたDEMの抽出

SAR画像の正確なオルソ幾何補正(旧IMAGINE OrthoRadar)
  • SAR センサーモデル、衛星の軌道情報、DEM をもとに SAR 画像の精確なオルソ幾何補正およびジオコード処理

高度な写真測量機能

IMAGINE Photogrammetry(旧 LPS)
  • 未補正画像から効率的、かつ精確なオルソ画像、地形データ、ポイントクラウドデータを作成します。デジタルカメラ、フレームカメラや多数の衛星データに対応してます。

データ変換機能

IMAGINE MrSID Encoders
  • MrSIDのGeneration 2および3の形式への画像圧縮が可能になります。IMAGINEがサポートしている数多くのラスター形式からMrSID形式に変換できます。

IMAGINE GeoPDF Publisher
  • Adobe Readerで表示可能な位置情報をもつGeoPDF形式に成果図や画像を変換できます。

大気補正

ATCOR
  • 大気の効果を画像から取り除くことで、複数時期に撮影された画像の正規化を行えます。

IMAGINE AAIC (本製品はIMAGINE Geopaletteに含まれます)
  • 画像のDN値を反射率に自動的に変換し、複数の画像間で比較が可能になります。分類や物質マッピングの前処理に最適です。

フィーチャー抽出

IMAGINE Objective
  • オブジェクトベースの画像分類機能を提供します。目的のフィーチャーを抽出するための、様々なフィルター処理や画像から作成したベクター形式のフィーチャーの整形処理まで、多彩な機能を搭載しています。処理の自動操作やフィーチャーモデルの再利用により、作業時間やリソースのコスト削減にも効果があります。

Stereo Analyst for ERDAS IMAGINE
  • ステレオ実体視を行いながら、3次元のベクターデータを作成できます。本機能は、IMAGINE Expansion Packにも含まれています。

IMAGINE Geopalette
  • GeoPaletteは、マルチスペクトル画像上で水底の特性や水域の透明度、さらには将来的には水域の深さなどの、関心対象である特定の海岸線や河川のフィーチャーを自動的に検出して、その場所を識別する支援ツールとして設計されています。 (本製品にはIMAGINE AAICが含まれます)

UAV

IMAGINE UAV
  • IMAGINE UAV ワークフローはERDAS IMAGINEでUAVのデータを自動的にプロセスする新しいアドオンモジュールです。 写真測量アルゴリズムを用いたIMAGINEのSpatial Modelerオペレーターに基づいた製品です。 IMAGINE UAVはオルソモザイク、ポイントクラウド、デジタルサーフィス(DSM)を作成できます。

レーダー画像処理

IMAGINE SAR Interferometry
  • 高度なインターフェロメトリー(干渉SAR)技術により、DEM の作成(InSAR)、コヒーレンスによる変化抽出(CCD)、および差分インターフェロメトリー(D-InSAR) による地殻変動などの地表高度の変化抽出を行えます。

地形データの編集機能

IMAGINE Terrain Editor
  • 地形データを編集するための専用のステレオビューと豊富な編集ツールが組み込まれたインターフェースを提供します。

分散処理による処理の高速化

ERDAS Engine ERDAS Engineのページへ
  • ERDAS Engine はERDAS IMAGINE および、LPS を補完するもので、負荷が高く、リソースを集中して利用するプロセシングを複数のワークステーション、または一台のワークステーションのマルチコアに分散処理させることができます。マルチプロセシングによる並行処理を実現し、処理時間をより短縮できます。

分散処理による処理の高速化

ERDAS IMAGINE のカスタマイズ
  • さまざまなニーズに合わせてERDAS IMAGINEの機能をカスタマイズしたり、機能拡張したりするためのC/C++のAPIを提供する開発ツールキットです。
  • 利用者は、IMAGINE Developers Toolkitネットワーク(http://developer.lggi.com)にアクセスすることで、他の開発者との連絡及び情報共有が可能


ホーム ニュース 製品情報 サポート

Copyright 2016 by 日本インターグラフ株式会社 | 個人情報保護方針