製品
ホーム > 製品 > GeoMediaProfessional

GeoMediaProfessional: GeoMediaProfessional


GeoMediaProfessional: 地理情報データ作成アプリケーション
GeoMedia Professionalは、特に標準リレーショナルデータベースと共に動作するように考えられた、空間データ入力および管理ソフトです。GeoMediaの機能はすべて含まれています。 生産性の高いデータ入力、データ解析、レポート出力に重点を置いて設計されています。

データ入力とメンテナンス
GeoMedia Professionalは、空間データの入力および管理機能を特に強化し、既存の地図やスクリーンイメージからのデジタイズ、あるいは他のデジタルソースからデータを組み込む場合に能力を発揮します。これらのツールはGISワークフローに最適化されたものであり、空間データの入力、メンテナンスにおける生産性を向上させます。空間データはCADデータとは異なり、これらのデータを入力およびメンテナンスするためのツールは、この違いに対応していなければなりません。最も基本的な違いは、空間データは道路や土地区画などの実世界のフィーチャーを取り扱い、一方CADデータは、線、点、領域などのグラフィックスを取り扱うという点です。GeoMedia Professionalでは、データは線、点、領域ではなくフィーチャーとして認識され、処理されます。

エンタープライズソリューションのためのデータベース
GeoMedia Professionalは、Microsoft AccessやOracle等の業界標準のデータベースをサポートしています。様々なデータを企業の各部署から簡単にアクセスできるデータベースに保存することで、それぞれの部署が地図やそれに関連する情報を更新したり、重複や誤りを削除したりできるので、データを正確に管理できます。今までのようにCADファイルにグラフィックデータを保存する方法ではなく、GeoMedia Professionalでは、標準データベーステーブルを使って、グラフィックデータと属性データを1つに統合して、データベースに保存します。このためユーザーは、データベース管理用ソフトに入っているアクセスツールやセキュリティツールが活用できますので、GISデータをIT(Information Technology)のプロの領域まで高めることができます。

さまざまなデータソースへ同時にアクセス
GeoMedia Professionalは、データサーバーを経由して、多種のデータソースへアクセスできます。このデータサーバー機能により、ユーザーはあらゆるウェアハウスにもデータ入力が行えるだけでなく、さらに、さまざまなデータタイプあるいはデータ形式のデータを使用して解析が行えます。





容易なカスタマイズ
GeoMedia Professionalは、専用の開発言語ではなく、業界標準のプログラミングツールを使用してカスタマイズが行えます。標準的なWindows 開発ツールを使用し、OLE/COM、.NETに基づき、ユーザーのニーズにマッチしたアプリケーションの開発が可能です。

対応開発ツール
Visual Basic、Visual C++、FoxPro、Delphi、PowerBuilder

アドオン・モジュール
GEOMEDIAは、GeoMedia, Advantage, Professionalといったコアモジュールだけではなく、アドオンモジュールを追加することで機能拡張が可能です。多彩なアドオンモジュールをご用意しておりますので、様々なニーズにお応えすることが可能です。 アドオン・モジュール製品へ





ホーム ニュース 製品情報 サポート

Copyright 2016 by 日本インターグラフ株式会社 | 個人情報保護方針