防衛ソリューション
ホーム > ソリューション > 防衛ソリューション

    防衛ソリューション
    防衛及び諜報活動を行うため、膨大な量のデータを収集し解析して現在の状況を把握します。



利点

       
  • 意思決定のために膨大な量のデータを迅速に、高い応答性で、かつ使いやすく動的に組み合わせることが可能。
  • 現場の状況を完全に理解し高い信頼性で重要な決定を行うことが可能。
  • Webサービスやモバイルデバイスなどの様々なプラットフォームで動作する地図情報製品を使った動的解析の実行が可能。






    状況認識

    現地上での状況が刻々と変わる状況では最新の状況認識が必要です。最新の情報を得るためにMotion Videoを地理空間コンテキストに取り込むことが重要です。2Dや3Dを駆使して、360度、現地の最新の状況の把握が可能です








実用的な情報へのデータの変換

適切な対応の決定は、できるだけ多くの情報を必要とします。最新ビデオなど多様で複雑なソースからの重要な支援データを検索し、それらの情報に基づいた意思決定を支援します。









    地図からアプリまで

    膨大な紙地図を製作するのは複雑なプロセスです。重要な課題は、手動での処理ステップを減少し、全体的なエラーリスクを低減し、 明確かつシンプル、なおかつ高精度な地図を作成することで、ユーザーは簡単に地図を理解することができます。直接完成済の地図をお使いいただくか、またはユーザー自身が柔軟に地図を構築することが可能です。










Selex ES:UASで変化をとらえる
Motion Video ExploitationとGISを用いることで、リアルタイムにデータを解析、処理を行い、環境保全、保安、人道救援活動をスムーズに行う


サウジアラビア空軍
サウジアラビア空軍はHexagon Geospatialの技術を用いて、複雑で膨大な情報を実用的な情報に変換します。


クラウドベースの:防衛・インテリジェンス
防衛・インテリジェンス市場で、クラウドベースの開発における有望な将来について焦点を当てた最新の動向について



ホーム ニュース 製品情報 サポート

Copyright 2016 by 日本インターグラフ株式会社 | 個人情報保護方針