Geospatialとは
ホーム > Geospatialとは
刻々と変化する地球の観測情報の活用

地球の観測情報、又は地理空間情報は、あらゆる規模の企業で重要な意思決定の支援に使われています。 地理的スナップショットは、航空機、人口衛星、地上等から様々なセンサーで取得され、地球の表面に発生する事象の永久的な記録として保存することができます。 地球観測情報が変化するとき、これらの変化を理解し迅速に情報を共有する機能が重要になる場合があります。 組織が管理する他の地理空間情報と、これらの情報と組み合わせることで、大きな付加価値を見出すことが出来ます。

地理空間情報の価値

最古の文明の幕開けから、我々は変化する地球の環境や状態を意識し理解する必要がありました。このような認識の元で今日まで地理空間分野の産業は発展し続けており、過去に関わりのなかった産業とも結びつくようになってきました。 地理空間技術の有用性が評価され、空間情報はすぐに取得・伝達・共有されるべきであるということが共通認識になっています。そのため、現在の空間情報だけではなく、リアルタイムで信頼性が高く、実用的な情報を提供する完全に統合された、インテリジェントなマップに対する変化にも即座に対応する必要性が高まっています。

ダイナミックなGIS

これまで以上に、我々は、宇宙、空、地面から我々の周りの現実の世界を捉えることが出来ます。 技術の進歩により、我々は優れたアルゴリズムを利用してデータ融合・フィーチャー抽出・ビジネス・インテリジェンスとの統合といった処理を行うことで、取得したデータを解釈することができます。 ストレージ、データベース、およびサーバーの技術によって大量のデータに対応し、ネイティブ形式での地理空間データ利用およびこれら全てのソース利用が可能になります。 モバイルコンピューティングと技術の進歩により、地理空間データや情報の利用が拡大しています。たとえば、数十億人が位置情報を含むデータを配信し、かつそれを利用することができます。

地理空間情報ライフサイクル

ソフトウェアとセンサー技術との融合により、「情報クラウド」が誕生しました。これによって画像を3次元点群データと融合させたり、リアルタイムで位置情報をベースとしたインテリジェンス・システムと結びつけることができます。 ダイナミックなGISを供給する一方で、情報クラウドは様々な入力センサーからのソースコンテンツを管理できます。 統合されたソフトウェア・ソリューションを使って、これらのデータから信頼性の高い実用的な情報を生成することができます。 ダイナミックGISの役割は情報クラウドを強化することで、ソフトウェア・アプリケーションが生活、財産、およびインフラを保護するために必要な情報の処理、共有、配信を行うことを可能にすることです。





ホーム ニュース 製品情報 サポート

Copyright 2016 by 日本インターグラフ株式会社 | 個人情報保護方針